取材メモ|企業取材 証券市場新聞

リビング保証がS高、4~6月の建物状況調査件数6.6倍に急増

日本リビング保証(7320)がストップ高。19日、4~6月の建物状況調査(インスペクション)の実施件数が前年同期比6.6倍に急増したと公表したことを受け、収益上振れを期待した買いを集めた。4月の改正宅建業法施行以降、検査実施件数が大幅に増加しており、全額出資子会社のリビングポイントが8月から「投資用物件など共同住宅の一棟まるごとインスペクションプラン」と「買主向けあっせん用 設備調査・シロアリ検査プラン」の新サービスを提供すると発表した。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket