DWTI(4576)が続落、「WP-1303」の第2相臨床終了も利益確定売り

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576)が続落。同社は20日の取引終了後、同社が創製した緑内障 ・高眼圧症治療剤「WP-1303(H-1129)」について、ライセンスアウト先のわかもと製薬(4521)から緑内障・高眼圧症を適応症とした国内後期第2相臨床試験が終了し、良好な結果であったとの通知を受けたことを発表したが7月19日に613円まで上昇していることから利益確定売りの動き。今回の試験結果を受けて国内第3相臨床試験開始に向けた準備が進められている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket