塩野義薬(4507)が反発、ゾフルーザ開発順調で19年3月期予想を上方修正

 塩野義製薬(4507)が反発。同社は23日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を3465億円から3480億円へ、営業利益を1190億円から1200億円へ、純利益を1110億円から1145億円へ上方修正した。注力している抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザについて、第3相臨床試験(CAPSTONE-2試験)が順調に進展、これに伴い、下期に予想していた提携先であるRoche社からのマイルストンおよび研究開発の成果への報酬を第2四半期に前倒しで受領する見込み。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket