IT|企業速報 証券市場新聞

日立ハイテク(8036)が急落、第1四半期4.1%営業増益も期待に届かず

 日立ハイテクノロジーズ(8036)が急落。同社は24日の取引終了後、19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表、売上収益は1730億1800万円(前年同期比5.3%増)、営業利益は163億1600万円(同4.1%増)、純利益は105億7600万円(同9.7%減)だった。科学システム(電子顕微鏡・科学機器)は、大口案件減少の影響があったものの、新製品の拡販や日立ハイテクアナリティカルサイエンスの設立により増加しているが市場の期待に届いてなかったようだ。
 通期は売上収益7800億円(前期比13.4%増)、営業利益630億円(同13.5%増)、純利益450億円(同10.1%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket