電子部品|企業速報 証券市場新聞

日本電産(6594)が反落、19年3月期予想上方修正も材料出尽くし

 日本電産(6594)が反落。同社は25日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を1兆5750億円から1兆6000億円(前期比7.5%増)へ、営業利益を1900億円から1950億円(同16.8%増)へ、純利益を1450億円から1470億円(同12.3%増)へ上方修正したが事前から期待されていたことから材料出尽くし感となっているだ。HDD用モーターは販売単価の上昇などが寄与、電動パワーステアリング用などの車載用モータや日本電産モーターズアンドアクチュエーターズのアクチュエータ製品が牽引し、液晶ガラス基板搬送用ロボットやプレス機器及び検査装置のも伸びている。想定平均為替レートについては従来どおり、対1ドル100円、ユーロでは125円として変更しておらず、現状の為替動向から先行き再上方修正が期待される。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket