決算|企業速報 証券市場新聞

ファンケル(4921)が大幅反発、インバウンド需要高水準で19年3月期予想を上方修正

 ファンケル(4921)が大幅反発。同社は30日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を1145億円から1220億円(前期比11.9%増)へ、営業利益を95億円から122億円(同44.4%増)へ、純利益を66億円から84億円(同35.7%増)へ上方修正した。インバウンド需要が高水準に推移すると見込まれることや、国内売上も好調に推移していることが要因。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket