JINが急落、4月既存店の0.4%減を嫌気

ジェイアイエヌ(3046)が急落、一時前営業日比265円安の3800円まで売られた。6日の大引け後に発表した4月売上高で既存店が前年同月比で0.4%減となったことが嫌気されている。前年4月23日に放送された「カンブリア宮殿」の効果により前年売上高が急伸長しており、今年の4月はこの反動がでているという。全店ベースで同4.7%増と好調に推移している。
証券市場新聞

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる