EMシステムズ(4820)が急伸、第1四半期19.2%営業増益を好感

 EMシステムズ(4820)が急伸。同社は9日の取引終了後、19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表、売上高は31億9200万円(前年同期比2.5%増)、営業利益は6億8400万円(同19.2%増)、純利益は5億6900万円(同14.4%増)と2ケタ増益となったことが材料視された。システム販売件数は計画に届かなかったものの、課金売上が順調に増加し、ハードウェアの入替えも計画通りに推移、サプライ販売も引き続き堅調に推移している。
 通期は売上高128億7500万円(前期比7.7%減)、営業利益15億900万円(同50.7%減)、純利益14億3200万円(同39.6%減)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket