企業|企業速報 証券市場新聞

富士フイルムが続伸、発行株の7.4%上限に自社株買い

 富士フイルムホールディングス(4901)が大幅続伸、7カ月ぶりに年初来高値を更新した。前日取引終了後、発行済み株式数の7.4%にあたる3200万株、金額にして1000億円を上限に自社株買いを実施すると発表したことを受け、需給改善や株式価値の向上による株価浮揚効果を期待した買いが向かった。買い付け期間は8月10日から来年4月30日まで。
 同時に発表した19年3月期第1四半期の連結決算は、税引き前利益457億9700万円(前年同期比20.5%減)と大幅減益着地したが反応は限定的だった。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket