企業|企業速報 証券市場新聞

丸文(7537)が急落。9日取引終了後に発表した16年3月期の連結決算で、営業利益32億1200万円(前の期比29.4%減)と大幅減益となり、17年3月期も32億5000万円(前期比1.2%増)と横ばいを予想したことが嫌気売りを誘った。
前期はスマートフォン向け高機能製品を中心に減速、産業機器や半導体製造装置も低調で収益性が低下した。円高による輸出競争力の低下や中国などアジア新興国の景気の下ぶれ懸念もあり、通信モジュール向けの半導体の苦戦が続くと見ている。

証券市場新聞

Pocket