企業|企業速報 証券市場新聞

矢作建設工業(1870)が続騰、3週間ぶりに年初来高値を更新した。9日取引終了後に発表した17年3月期の連結業績で、最終利益50億円(前期比7.2%増)と4期連続最高利益更新を見込み、年間配当を24円(前期22円)へ前期に続いて増配することが好感された。分譲マンションの引渡戸数のが増加に加え、自社開発の大規模工業団地の販売などを予定していることから、さらに業績が拡大する。

証券市場新聞

Pocket