アンジェス(4563)が続騰、今12月期赤字幅拡大も遺伝子治療など新薬へ期待

アンジェス(4563)が続騰。27日取引終了後に18年12月期の連結業績予想を修正、売上高を3億6500万円から6億円(前期比64.4%増)へ引き上げる一方、営業損益を25億円の赤字から31億円の赤字(前期32億8800万円の赤字)へ引き下げたことで、売りが先行したが、寄り付きを安値に急速に切り返した。新薬承認申請費用負担による業績悪は織り込みが進んでいたようで、急性呼吸器不全治療薬開発やHGF遺伝子治療薬の承認への期待などから買いが優勢になった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket