企業|企業速報 証券市場新聞

トヨタ自動車(7203)が大幅続落。11日取引終了後に発表した17年3月期の連結業績で、売上高26兆5000万円(前期比6.7%減)、営業利益1兆7000万円(同40.4%減)と減収大幅減益を予想したことで売りが先行した。
営業減益は5期ぶりとなるが、為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=120円と円高を前提に厳しく見積もっている。また、併せて自社株取得枠を設定したことから、前日比254円安の5380円で寄り付いた後は下げ渋っている。
自社株取得枠は発行済み株式総数の3.24%にあたる1億株、取得総額5000億円が上限で、買い付け期間は18日から11月17日まで。

証券市場新聞

Pocket