ビール|飲食 証券市場新聞

東和フード(3329)が反落、第1四半期34.6%営業減益を嫌気

 東和フードサービス(3329)が反落。同社は8月31日の取引終了後、19年4月期の第1四半期(5~7月)単体決算を発表、売上高は27億7400万円(前年同期比1.1%増)、営業利益は1億2700万円(同34.6%減)、純利益は7800万円(同54.1%減)と大幅な減益だった。ダイニングカンパニーの「イタリアンダイニングドナ」「ぱすたかん・こてがえし」では、お酒にあうメニュー開発を進めた結果、酒のあとに一品料理、メイン料理をご注文頂いていることで客単価増が図れているが、コスト増などが圧迫しているようだ。
 通期は売上高115億円(前期比3.8%増)、営業利益7億3400万円(同10.5%増)、純利益4億4500万円(同5.1%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket