企業速報01|企業速報 証券市場新聞

ダイキン(6367)が反発、導体向けのフッ素化学品増産報道を材料視

ダイキン工業(6367)が反発。4日付に日本経済新聞が「導体業界向けのフッ素化学品の国内生産能力を2021年度までに現在の2倍に増やす」と報じたことが材料視された。大阪府と茨城県の生産拠点に合計100億円を投じて、それぞれ新棟を建設する。半導体はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」向けが伸びている。ダイキンはこれまで設備改修で対応してきたが、需要の急拡大を受けて積極投資に転換するとしており、導体向けフッ素化学品の本格的な拡大を期待した買いが向かった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket