東証3|企業速報 証券市場新聞

日駐(2353)が反発、19年7月期18.9%営業増益予想、自己株式取得枠の設定も発表

 日本駐車場開発(2353)が反発。同社は7日の取引終了後、19年7月期の連結業績予想を発表、売上高は247億円(前期比8.5%増)、営業利益は42億円(同18.9%増)、最終利益は26億円(同17.6%増)を見込んでいる。既存物件の改善に目途が立ち、日本自動車サービス開発への月極専用物件の移管が完了したことから、新規契約獲得の営業活動に注力していく。
 同時に自己株式取得枠の設定を発表。総額300万株(発行済株式総数に対する割合0.89%)または6億円で取得期間は9月10日から30日まで。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket