企業速報01|企業速報 証券市場新聞

中国関連が反発、米中通商協議再開を提案と伝わる

コマツ(6301)やファナック(6954)など中国関連株が反発。米トランプ政権は中国に対して通商協議の再開を提案したと伝割ったことで、米中貿易摩擦懸念が後退。上海総合指数が4日ぶりに反発していることから、買戻しが優勢になった。

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket