ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

21LADY(3346)が売り一巡戻す、19年3月期予想を下方修正も出尽くし感

 21LADY(3346)が売り一巡戻す動き。同社は14日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を26億円から24億9300万円(前期比2.5%減)へ、営業損益を5000万円の黒字から7400万円の赤字(前期800万円の黒字)へ、最終損益を3000万円の黒字から9500万円の赤字(同2300万円の赤字)へ下方修正したが悪材料出尽くしの動き。洋菓子のヒロタの子会社となったあわ家惣兵衛が連結対象となり、業績に寄与するものの、ヒロタ事業において計画外の直営店の1店舗退店や西日本の天候不順等による売上の減少、イルムス事業において既存店での主力ブランド不振により、各事業ともに売上高が計画を下回っている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket