企業|企業速報 証券市場新聞

ALBERT(3906)がストップ安ウリ気配。休日期間中に証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで、元会長などの関係先を強制調査したと伝えられたことを嫌気した売りが殺到している。
元会長は親族らに業績予想を公表前に伝え、値下がりする前に売り抜けさせるなど、損失を回避させていた疑いがあるという。報道に対し同社はこの立会い開始前に「証券取引等監視委員会の調査に全面的に協力していく」とコメントを発表した。

証券市場新聞

Pocket