穀物|企業速報 証券市場新聞

伊藤ハム米久HD(2296)が反落、コスト上昇で19年3月期利益予想を下方修正

伊藤ハム米久ホールディングス(2296)が反落。同社は18日の取引終了後、19年3月期予想の修正を発表、連結売上高は8500憶円(前期比2.2%増)の従来予想を据え置いたが、営業利益で230億円から200憶円(同7.2%減)へ、純利益で165憶円から140億円(同11.3%減)へ下方修正した。加工食品事業において、生産および物流コストが上昇したことや、食肉事業において、国内事業における相場下落や飼料価格の上昇、海外事業における調達コストの上昇などが圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket