中国関連が見直される、対中制裁関税上乗せ10%にとどまり収益懸念和らぐ

目次

中国関連が見直される、対中制裁関税上乗せ10%にとどまり収益懸念和らぐ

安川電機(6506)やコマツ(6301)が大幅高に買われるなど中国関連銘柄が見直された。米トランプ政権による対中制裁関税の税率上乗せ分が10%にとどまったことで収益懸念が柔ぎ、買戻しが優勢になった。1ドル112円30銭台まで円安が進んだことも追い風になっている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる