決算|企業速報 証券市場新聞

東洋BENG(4828)が反発で最高値、19年3月期予想と配当を上方修正

 東洋ビジネスエンジニアリング(4828)が反発、最高値を更新した。同社は27日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を139億円から147億円(前期比9.1%増)へ、営業利益を8億円から8億8000万円(同16.2%増)へ、純利益を5億円から5億5000万円(同13.6%増)へ上方修正、年間配当を25円から26円(前期25円)へ引き上げた。下期に売上計上予定であった案件の一部前倒しが計画に比し進行する見込みとなったほか、上期に発生予定であった販売費及び一般管理費の一部が下期発生となることが要因。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket