ビール|飲食 証券市場新聞

吉野家HD(9861)が続落、コスト増などで19年2月期予想を下方修正

 吉野家ホールディングス(9861)が続落。同社は27日の取引終了後、19年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を2110億円から2050億円(前期比3.3%増)へ、営業利益を41億円から11億円(同72.6%減)へ、最終損益を17億円の黒字から11億円の赤字(前期14億9100万円の黒字)へ下方修正した。既存店の不振に加えてアークミールが苦戦となったことと、人件費などコスト増が圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket