素材|企業速報 証券市場新聞

神鋼鋼線(5660)が3日続落で安値、操業停止の影響で第2四半期予想を下方修正

 神鋼鋼線工業(5660)が3日続落、年初来安値を更新した。同社は27日の取引終了後、19年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想の修正を発表、売上高を146億円から142億円(前年同期比0.1%増)へ、営業利益を2億円から1億2500万円(同71.0%減)へ、最終損益を7000万円の黒字から000万円の赤字(前年同期2億5600万円の黒字)へ下方修正した。台風21号に伴う操業停止の影響による生産・出荷遅れの発生の他、資産廃却等による営業外費用の増加も圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket