ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

伊藤忠(8001)が後場急伸、19年3月期最終利益常陽修正し増配と自社株消却も

 伊藤忠商事(8001)が後場に入って急伸。この日午後1時、19年3月期の最終利益予想を4500億円から5000億円(前期比24.9%増)へ上方修正し、37円としていた期末配当を9円増額して46円にする発表したことを好感した買いを集めた。年間配当は83円(従来予想74円)と13円の増配となる。引き続き基礎収益が順調に積み上がっている状況を考慮したとしている。併せて19日付で消却前発行済み株数の4.69%に当たる7800万株の自社株を消却すると発表したことで、需給改善も期待された。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket