IT|企業速報 証券市場新聞

シェアリングT(3989)が反発、海外留学サービスの9月申込件数7.6倍

 シェアリングテクノロジー(3989)が反発。2日取引終了後に発表した海外留学サービス「スマ留」の9月申込件数が前年同月比7.6倍の265件となった。「スマ留」申込件数は4月以降急激な伸びが続いており、収益上振れも意識された。「スマ留」は、留学希望者を語学学校に斡旋するサイトで、語学学校の空き場所や空き時間を利用することで、大手の半額近くで海外留学を提供することが可能となっており、シェアリングエコノミーを活用した海外留学サービスサイト。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket