トランスG(2342)が反発、京大ベンチャーの京ダイアグノスティクスと業務提携

トランスジェニック(2342)が反発。同社は3日の取引終了後、京都大学発ベンチャーである京ダイアグノスティクスと、ヒトのがん幹細胞を三次元培養しスフェロイドを形成させ、それを移植したがん幹細胞スフェロイド移植マウス(PDSX)を用いた非臨床試験に関する業務提携を締結したことを発表した。これにより、製薬企業や創薬ベンチャーへのヒト腫瘍を再現した評価のサービス提供が可能になり、CRO事業セグメントの成長戦略を推進していく。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket