コンビニ店内|企業速報 証券市場新聞

ユニーファミマ(8028)が4連騰で高値、第2四半期利益予想の上方修正を好感

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)が4連騰、最高値を更新した。同社は4日の取引終了後、19年2月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想の修正を発表。営業収益で6451憶円から6410憶円(前年同期比1.2%増)へ、営業利益で425億円から495億円(同17.9%増)へ、純利益で225億円から300億円(同34.1%増)へ修正、利益の上方修正を好感した。コンビニエンスストア事業(CVS事業)において、サークルKサンクスからファミリーマートへのブランド転換店舗の日商が好調に推移していることに加え、不採算店舗の閉鎖に伴い販売管理費の削減が計画以上に進んだことが寄与している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket