ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

近鉄百貨店(8244)が反発、の第2四半期は34.3%営業増益

 近鉄百貨店(8244)が反発。同社は9日の取引終了後、19年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結決算を発表、売上高は1395億900万円(前年同期比2.9%増)、営業利益は24億8500万円(同34.3%増)、純利益は19億900万円(同7.3%増)だった。一層の集客力及び収益力の強化を図るため、あべのハルカス近鉄本店では、化粧品売場に新規ショップを導入するほか魅力的な催事を多彩に展開している。
 通期は売上高2811億円(前期比0.4%減)、営業利益51億円(同4.4%増)、純利益38億円(同2.6倍)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket