企業|企業速報 証券市場新聞

マースGHD(6419)が反発、第2四半期末配当引き上げを好感

 マースグループホールディングス(6419)が反発。同社は15日の取引終了後、第2四半期末配当を35円から45円(前年同期35円)へ引き上げたことが材料視された。同時に19年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想の修正を発表、売上高を123億円から118億円(前年同期比3.9%増)へ、営業利益を19億3000万円から22億1000万円(同68.1%増)へ、純利益を13億8000万円から8億4000万円(同10.7%減)へ修正した。一部の土地・建物について減損処理を行い、特別損失として1億1400万円を計上している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket