IT|企業速報 証券市場新聞

SIG(4386)がストップ高、高利益率案件で第2四半期予想を上方修正

 SIG(4386)がストップ高カイ気配。同社は16日の取引終了後、19年3月期の第2四半期(4~9月)単体業績予想の修正を発表、売上高を19億3100万円から19億7200万円へ、営業利益を8900万円から1億4700万円へ、純利益を5200万円から8700万円へ上方修正した。利益率の高い案件の獲得があったことや生産性の向上等が寄与している。

iframe src=”http://www.invest-jp.net/blogparts/stocharmini/4386/d/0/160″ width=”160″ height=”300″ marginwidth=”0″ marginheight=”0″ border=”0″ frameborder=”0″ style=”border:none;” scrolling=”no”>

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket