企業|企業速報 証券市場新聞

イード(6038)がストップ高カイ気配。19日大引け後にソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と資本業務提携することを発表したことが刺激材料となった。SMEが有するコンテンツと、同社の運営ノウハウを融合することでデジタルコンテンツマーケティング事業における連携を行うという。MEはイードの発行済株式総数の2%から5%未満をメドに、市場もしくは既存株主から取得する予定でSMEとの提携による業容拡大期待が高まっている。

証券市場新聞

Pocket