電子部品|企業速報 証券市場新聞

日立化成(4217)が急落し連日の安値、2Q増益着地も通期計画に対する進捗率は35%

 日立化成(4217)が急落、連日で年初来安値を更新した。前日取引終了後に発表した19年3月期第2四半期累計の連結決算は、営業利益205億2600万円(前年同期比4.3%増)とわずかながらも増益で着地した。ただ、市場コンセンサスに届かず、通期予想の590億円(前期比27.7%増)に対する進捗率は34.8%にとどまり、計画未達成が警戒された。先行投資負担や原材料価格の高騰、スマホ向け伸び悩みなどの減益要因を物量増や原価低減、カルテル制裁金の減少など、増益要因が上回ったとしている。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket