大正薬HD(4581)が3日続落、第2四半期売上高を1295億円へ下方修正

 大正製薬ホールディングス(4581)が3日続落。同社は23日の取引終了後、19年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想の修正を発表。売上高を1320億円から1295億円(前年同期比6.6%減)へ、営業利益を140億円から170億円(同12.0%増)へ、純利益を390億円から424億円(同3.5倍)へ修正した。研究開発費や広告宣伝費等において、一部費用の計上が第3四半期以降に変更となったことや、持分法投資利益や為替差益が当初予想を上回ったことが利益を押し上げているが、売上減少に伴う売上総利益の減益が圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket