企業|企業速報 証券市場新聞

古河電池(6937)が急反発、2Q最終利益上場修正で見直し買い

古河電池(6937)が急反発。23日取引終了後、19年3月期の第2四半期累計の連結最終利益を2億円から3億3000万円(前年同期比32.5%増)へ上方修正したことが好感された。受取配当金が増えたことや支払利息が減少したことが要因で、産業用電池が低調だったことから売上高は290億円から281億8000万円(同7.4%増)、営業利益も4億円から3億1000万円(同26.0%減)に引き下げた。ただ、株価は年初来安値圏にあり、見直し買いが優勢になった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket