決算|企業速報 証券市場新聞

小野測器(6858)が後場急伸、第3四半期6億3300万円の営業黒字を材料視

 小野測器(6858)が後場急伸。同社はこの日13時45分に、18年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表、売上高は107億3000万円(前年同期比24.7%増)、営業損益は6億3300万円の黒字(前年同期2億6500万円の赤字)、最終損益は4億1900万円の黒字(同2億1200万円の赤字)と黒字転換となったことが材料視された。新情報システムに伴う費用の減少や、製造や販売支援活動に注力した結果、研究開発費が減少したことが利益を押し上げている。
 通期は売上高141億円(前期比16.8%増)、営業利益10億5000万円(同5.7倍)、純利益7億円(同3.5倍)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket