ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

藤田観(9722)が3日続落、インバウンド需要大幅減で18年12月期予想を下方修正

 藤田観光(9722)が3日続落。同社は24日の取引終了後、18年12月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を720億円から690億円(前期比2.3%減)へ、営業利益を23億円から9億円(同54.9%減)へ、純利益を13億円から4億円(同76.1%減)へ下方修正した。風21号や北海道胆振東部地震による空港の閉鎖、航空便の欠航等に伴う影響により、関西エアポートワシントンホテルやホテルグレイスリー札幌といったインバウンド需要が高い施設におきまして、宿泊人員が大幅に減少している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

Pocket