下落|企業速報 証券市場新聞

イマジカロボ(6879)が反落で安値、制作コスト増で19年3月期予想を下方修正

 イマジカ・ロボット ホールディングス(6879)が大幅反落、年初来安値を更新した。同社は31日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を930億円から900億円(前期比1.5%減)へ、営業利益を17億5000万円から5億円(同79.4%減)へ、純利益を11億円から7億円(同76.2%減)へ下方修正、年間配当を10円から5円(前期10円)へ引き下げた。映像コンテンツ事業において、劇場アニメーション作品及びTVアニメーション作品の制作コストが当初見通しより増加したこと、また映像制作サービス事業においてTVテレビ番組の改編によるポストプロダクションサービスの受注が減少したことが影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket