決算|企業速報 証券市場新聞

英和(9857)が後場動意、第2四半期は94.8%営業増益

 英和(9857)が後場動意。同社はこの日14時40分に、19年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。売上高は162億5100万円(前年同期比12.2%増)、営業利益は4億5800万円(同94.8%増)、純利益は3億1200万円(同86.1%増)と大幅な増益となったことが好感された。プラント・エンジニアリング会社向けの販売が減少したものの、前期から続く生産設備の高稼働状況を背景とした設備投資やリプレイス需要が堅調な社会インフラ、化学品製造業、機械製造業、舶用機器製造業、電力会社を中心に販売が好調に推移している。
 通期は売上高355億円(前期比3.3%増)、営業利益12億円(同12.8%増)、純利益7億5500万円(同3.0%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket