決算|企業速報 証券市場新聞

メルカリ(4385)が急反発、1Q赤字も悪材料出尽くし感

 メルカリ(4385)が急反発。8日取引終了後に発表した19年6月期第1四半期の連結決算は、営業損益25億1300万円の赤字で着地した。ただ、株価は上場来下落が続き、一時公募価格の3000円割れまで売られており、悪材料出尽くし感から買戻しが優勢になった。国内事業は急成長が続いているが、海外市場開拓のための広告宣伝費など先行投資が損益を圧迫した。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket