下落|企業速報 証券市場新聞

青山商(8219)が続落で安値、ビジネスとカジュアル苦戦で19年3月期予想を下方修正

 青山商事(8219)が続落、年初来安値を更新した。同社は9日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を2615億円から2527億円(前期比0.8%減)へ、営業利益を200億円から150億円(同27.2%減)へ、最終利益を114億円から64億2000万円(同44.0%減)へ下方修正、期末配当を11円から50円(前年同期120円)へ引き下げた。ビジネスウェア事業とカジュアル事業の業績が前回発表予想を大幅に下回る見込み。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

Pocket