IT|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクG(9984)が売り一巡後に下げ渋る、子会社上場で賛否両論

ソフトバンクグループ(9984)が売り一巡後に下げ渋る動き。全般の地合い悪から指数構成銘柄に絡む売りを浴びていたが、12月19日に子会社で通信事業を手掛けるソフトバンク(9434)が上場することが決定したことから、これに絡む期待から押し目買いが入っているようだ。通信料金の値下げ圧力が強い中での上場だけに、子会社の上場に関しては賛否両論があるようだ。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket