下落|企業速報 証券市場新聞

フコク(5185)が反落、人件費高騰などで19年3月期利益予想を下方修正

 フコク(5185)が反落。同社は16日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高は770億円(前期比2.4%増)で据え置いたが、営業利益を32億円から29億円(同2.7%増)へ、最終損益を24億円の黒字から21億円の黒字(前期2億4300万円の赤字)へ下方修正した。受注は概ね順調に推移したが、下半期には米中貿易摩擦の激化などを背景に中国エリアにおける受注が冷え込み、また、韓国エリアにおける販売も伸び悩んでいることが影響、外における人件費の高騰、人手不足と合理化の遅れによる生産性の鈍化も圧迫する。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket