企業|企業速報 証券市場新聞

SCREENホールディングス(7735)、アドバンテスト(6857)、東京エレクトロン(8035)が年初来高値年初来高値を更新したほか、日立国際電気(6756)、日立ハイテクノロジーズ(8036)、ディスコ(6146)など、半導体製造装置関連銘柄が軒並み高。
24日に国際半導体製造装置材料協会(SEMI)が発表した北米地域の半導体製造装置受注額は15億9400万ドル(3カ月移動平均)と15年8月以来の9カ月ぶりの高水準となっり、4月のBBレシオ(受注高/販売高)は1.10に改善したことで、受注拡大を期待した買いが先行した。3D NAND型フラッシュメモリーの開発やメモリー半導体の投資需要が高まったという。

証券市場新聞

Pocket