ショップ|企業速報 証券市場新聞

ヤーマン(6630)が売り一巡後下げ渋る、海外など好調で19年4月期予想を上方修正

 ヤーマン(6630)が売り一巡後下げ渋る。同社は19日の取引終了後、19年4月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を251億100万円から280億9300万円(前期比22.0%増)へ、営業利益を50億1500万円から64億4400万円(同19.7%増)へ、純利益を31億5000万円から40億1400万円(同18.1%増)へ上方修正した。全般の地合い悪と利益確定売りに朝寄りでは売りを浴びていたが、その後は買い戻しの動き。広告宣伝や社内体制の整備などへの積極的な投資を行う一方で、海外部門や店販部門を中心に想定以上に好調であったことなど要因。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket