IT|企業速報 証券市場新聞

アルチザ(6778)が3日ぶり反発、第1四半期2億8500万円の営業赤字も出尽くし

 アルチザネットワークス(6778)が3日ぶり反発。同社は5日の取引終了後、19年7月期の第1四半期(8~10月)連結決算を発表。売上高は2億5900万円(前年同期比53.4%減)、営業損益は2億8500万円の赤字(前年同期7900万円の赤字)、最終損益は2億700万円の赤字(同6000万円の赤字)と赤字決算だったが、悪材料出尽くしの動き。LTE-Advanced及びLTE-Advanced Proの研究開発用途向けテストソリューションの国内及び海外向け販売が前年同期比で大幅に減少している。
 通期は売上高26億円(前期比11.3%増)、営業損益1億5000万円の赤字(前期1億5500万円の赤字)、最終損益1億6800万円の赤字(同1憶8000万円の赤字)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket