英国の動向を見極める【記者の視点】

記者の視点|企業速報 証券市場新聞
目次

英国の動向を見極める【記者の視点】

 先週末のニューヨーク市場の動きを引き継ぎ大幅安となり、買い戻しの動きも鈍く終始軟調に推移した。11月の雇用統計で非農業雇用者数が前月比15.5万人増と予想を大きく下振れたショックが大きく、これに加えて、11日には英国とEUとの間で合意された英国のEUからの離脱協定案の採決が英国議会で行われることも戻りを鈍くしている。否決される可能性が高いが、その場合、合意なしの離脱、合意案の修正、離脱日の延期申請などが想定されるており、この流れを見極めたいとの見方もある。
 日経平均は2万1000円が下値として意識されるが、戻りが鈍ければ、10月26日にザラ場で付けた2万971円93銭、それを下回れば、10月29日に先物がナイトで付けた2万790円が意識されるが、個別では売られ過ぎの領域だ。




株式情報と相場見通し

Pocket

記者の視点|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる