ソフトバンク|証券市場新聞

ソフトバンク(9434)は後場も軟調、公募組の処分売りも

ソフトバンク(9434)は後場も軟調な動き。同社はこの日、公開価格1500円を2.5%下回る1463円で初値が生まれたが、その後は戻りが鈍く1300円の攻防となっている。上場後は配当性向の高さから海外投資家の買いを期待する向きもあったようだが、後場に入ってからは公募で購入した投資家からの処分売りが断続的に出ているようだ。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket