ショップ|企業速報 証券市場新聞

良品計画(7453)が急落で安値、冬物商材苦戦で19年2月期予想を下方修正

 良品計画(7453)が急落、昨年来安値を更新した。同社は9日の取引終了後、19年2月期の連結業績予想の修正を発表。営業収益を4243億円から4093億円(前期比7.8%増)へ、営業利益を500億円から470億円(同3.8%増)へ、純利益を333億円から370億円(同22.9%増)へ下方修正したことが嫌気された。中国を中心とする東アジア事業が大幅な増益となった一方で、国内事業において、生活雑貨カテゴリーの不振に加え、冬物商材が伸び悩んでいる。

2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket