下落|企業速報 証券市場新聞

価値開発(3010)が急落、一部稼働率低迷で19年3月期最終損益を6億6000万円の赤字へ修正

 価値開発(3010)が急落。同社は10日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を51億円から49億4000万円(前期比6.0%増)へ、営業損益を2億円の黒字から2億7000万円の赤字(前期3億2100万円の赤字)へ、最終損益を1000万円の黒字から6億6000万円の赤字(同4億1300万円の赤字)へ下方修正した。東日本大震災の復興需要を目的に運営を行っている「バリュー・ザ・ホテル」の一部の店舗の稼働率が、震災復興関連宿泊需要の低迷などにより当初の計画を20%程度下回っている。

2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket